アラフォー独身女子一人旅ならフィンドホーンへ


運命の外国人男性に出会えるかもしれない!

新しい未来へのドアが開くかもしれない!

 

アラフォー独身女性の

一人旅にオススメの場所

 

フィンドホーン目指してスコットランドへ行こう!

 

share

 

38歳独身、人生の迷路に完全に迷い込み出口が見えなかった私が目に見えない不思議な力に誘導されるかのようにフィンドホーンへ行ったのが2009年秋のことです。

 

フィンドホーンが一体、どんな場所なのか、一体何をするところなのか全くわからない状態でしたが「とにかくここへ行け!」という強い直感に従って人生初めての女一人旅にチャレンジしたのでした。

 

あの時ためらっていたら。。。

申し込む週がずれていたら。。。

 

今の幸せな自分はここにいなかったでしょう。

 

スコットランド北部のハイランド地方にある海沿いの小さな町にあるFindhorn (フィンドホーンと発音)へ行ったことで今の夫と出会うことができ、自分は本当は何をしたいのか、真の居場所はどこなのか、に気づくことができたのです。

 

 

Findhorn

 

フィンドホーンってどんなとこ?

 

正式の名前をFindhorn Foundation(フィンドホーン財団)及びフィンドホーンコミュニティーと言います。

 

日本語ホームページによると、

 

日常にしっかりと根ざしたスピリチュアリティーを主眼に、自然と人との共存、人の在り方・つながりを学び続ける、国際色豊かな共同体です。 活気あふれる創造的な場所で、多様な国籍からなる400人以上の人が集まり、従来の生活様式とは異なる生き方を共に実践しています。

教育を中心とした非営利の慈善財団として毎年、世界70カ国以上の国から訪れる1万4千人を迎え入れています。 コミュニティは美しい自然環境に囲まれたスコットランドの北東部、ネス湖近隣に位置し、2つのサイトから成り立っています。

 

 

スピリチュアルに興味のある人、ガーデニングや自然栽培の勉強をしている人、ヨガや瞑想など精神世界に惹かれる人、自然が好きな人など世界各国から(主に欧州国)多くの人々がやってきます。

 

フィンドホーンの不思議なところは、人生に迷っている時や、居場所の見つからない人、めまぐるしい日常生活から癒しを求めている人たちが、何らかの力によって導かれ当地にたどり着くというパターンが多く見られるということです。

 

 

フィンドホーンで何をするの?

 

フィンドホーンに初めて行く人はまず「体験週」「エクスペリエンス・ウィーク」に参加します。そこで一週間過ごし、そのまま違うグループに参加して滞在を延ばしたり、別のワークショップを体験することができます。

体験週は毎週土曜日から金曜日までの一週間で英語グループと日本語グループがあります。

英語グループは随時あるのですが、日本語グループは現時点で夏だけに限られており次回は(2016年7月7日現在)8月13日から19日になります。スケジュールはホームページで調べることができます。

 

体験週の他に英語が達者でない日本人の初参加者のために英語を学習しながらフィンドホーンのエッセンスが体験出来る「イングリッシュ・イン・コミュニティ」というプログラムも用意されています。

 

日本語体験週の詳細はこちらから

イングリッシュ・イン・コミュニティの詳細はこちらから

 

 

 

料金はいくらぐらい?

 

初めてフィンドホーンに来て体験週に参加する場合一週間分の料金は、

プログラム代金:ご自身の経済状態と照らし合わせ、高/中/低 (£760 / £590 / £480)の価格設定の中からお選びください。7日間の宿泊と食事代金が含まれます。

とのことで、自分の収入レベルに合わせて3つの料金タイプから選ぶことができます。2016年7月7日現在、£480は日本円で約6万2千円ほどです。

 

 

フィンドホーン滞在中のルール

 

基本的に飲酒禁止で喫煙は外の指定されたとこだけです。一週間の食事はベジタリアンで肉や魚は出ません。(体験週最終日の金曜日の晩ご飯には魚が出ることもあり、ワインでお祝いも許可されている)

宿泊は一部屋4人づつのシェアになり、トイレやバスルームも共同です。

 

 

日本語の体験週は非常に人気があるプログラムらしいので申し込みはお早めにとのことです。英語の体験週については、毎週行われているので英語に自信がある方はそちらの参加をご検討されても良いかと思います。

 

ちなみに、私自身は日本語プログラムが存在することさえ知りませんでしたので初めから英語で参加させていただきました。

 

 

その他よくある質問やフィンドホーンに関する詳細はこちらから

 

↓↓↓↓フィンドホーンの関連記事はこちら

自分探しのアラフォー・一人旅にお勧めの場所

 

 

 

イギリス情報誌、Mr. パートナー(2011年3月号)でフィンドホーン体験プログラムについてインタビューされました!

 

 

フィンドホーン1Page_00001

Please follow and like us:
Facebooktwitterpinterestmail