シングルマザー歴8年から国際結婚も海外移住も実現させた!


 

シングルマザー歴8年から

国際結婚とアメリカ移住で

人生完全リセット!

 

 
 

 

離婚したからって私はダメな母親じゃない!

 

 

子供がいても再婚できる!

 

 

恋もできるし夢を叶えることだってできる!

 

 

3

 

 

ご縁あってアメリカ在住のとっても素敵な日本人女性と知りまいました。

 

 

シングルマザー歴8年で国際再婚され娘さんを連れてアメリカに移住した彼女が、今の幸せな生活にたどり着くまでは決して楽なものではありませんでした。

 

 

それでも「自分も子供も結婚相手もみんなで幸せを感じながら生きていける日は必ずやってくる!」という信念を持ち続けながら夢を捨てずに頑張ってきたKさんの言葉は、幸せな再婚をして人生をやり直したいシングルマザーに勇気と希望を与えるはずです。

 

 


mom-759216_640-1

 

 

国際再婚や海外移住をして

新しい人生を切り開いていきたい

全てのシングルマザー必読のインタビューです!

 

 

私:  アメリカ人の旦那様と結婚するまでのお付き合いの期間どれくらいでしたか?
 

Kさん:  1年2か月です。

 

私:  出会ったきっかけ、場所は?
 

Kさん: オンラインデーティングサイトの Japancupid.comでした。

japancupid.com

 

私:  婚活は何かしていましたか?(結婚相談所、国際交流会等)
 

Kさん: はい、以下の通りです。

  • オンライン婚活(国籍にこだわらず、日本人も含めて)
  • アメリカの国際結婚相談所
  • 地元の日本人だけの婚活パーティー

 

私: 最初に会った時に運命を感じましたか?将来結婚するだろうなと感じましたか?
 

Kさん: プロフィール画像を見たとき、この人となにかあると感じたんですが、オンラインから個人アドレスのメール交換、1週間後に彼から電話がありました。
電話で誠実で良い人だとという印象でしたが、彼は初回の電話でビビッときたようです。
でも私は結婚するとは感じませんでしたね。

 


私:  アメリカでずっと生活していくことに不安はなかったですか?
 

Kさん: 不安はありましたよ。特に娘がアメリカの現地の学校になじむかが一番心配でしたね。
私については、まず住んでみて壁にぶち当たったらまた考えようと思いました。

 

私: 娘さんを育てながらの婚活はどうでしたか?


 

Kさん: 娘との時間がたくさんもてるオンライン婚活は便利だったと思います。
離婚後の交際した彼氏とは結婚が決まるまで娘には会わせたくなかったですね。
現在の夫以外の人に娘は会っていません。

 

私:  なぜ外国人の方と再婚しようと思いましたか?
 

 
Kさん: 日本社会の男尊女卑が職場でも、前の結婚生活でも嫌気がさしていたんです。
日本人との婚活で、シングルマザーだと一般的に男性からもそのご両親からも受け入れられにくいとも聞いていました。
 

また女性としてずっと輝ける結婚生活ができそうだとも思いました。
英語圏の男性と結婚すれば一生英語の勉強もできるし、夫婦のコミュニケーションとして、伝え合う努力をする、違っていて当たり前が前提になるような日本人同士よりうまくいくと思いました。

 


私: 国際再婚して外国で生活をする上で大変だと思うことはありますか?


 

Kさん: 自分の日本の家族や友達にすぐ会えないですし、お盆や正月に優先して帰国するということも難しいですね。あとは生活のすべてが英語、ということでしょうか。

 

私:  娘さんはアメリカへ移住したことをどう受け止めていますか?


 

Kさん: 明るく受け止めていますよ。時々日本の祖父母や友達が恋しくなっているようですが、スカイプで話ができたり、こちらに訪問しに来てもらえたりすることで落ち着いています。
日本女子たちの集団が嫌いらしいのでアメリカの個人主義がいいとも言っていますね。

 

私:  旦那様と結婚してよかったと思える時ってどんな時?


 

Kさん: たくさんありますよ!
 

  • 男女平等な関係をもてていること
  • 娘と夫が冗談を言い合い大爆笑しているとき
  • 今まで自分一人でやっていたことを夫が助けてくれると感動する
  • 夫の人間性、私に対してだけでなく、例えばレストランのスタッフにも人として真摯に接するところを見たとき
  • 人生のパートナーに巡り合えたと改めて感じるとき
  • 夫から、こんな優しい女性に出会えて幸せだと言ってもらえるとき
  • 夫の家族が良い人たちで、家族から自分をほめてもらえるとき
  • 生活が豊かになったこと。(日本より大きな家や庭)
  • 憧れのアメリカ生活ができていること
  • 私の両親から、良い男性と結婚できて良かったと言われたとき

 

 

私:  日本でシングルマザーとして国際婚活を成功させるヒントはありますか?

 

Kさん: まず、マインドセットをすることです。自分がどんな女性であるのか、どんな生き方がしたいか、それにはその自分の隣にいる男性はどんな人かを明確にすることが大事なのですが、それをちゃんと紙に書いて自分ととことん向き合うことです。そして探す行動もしなければいけません。
 

離婚で傷ついた心を自分でしっかり癒してから、子どもとの生活を確立させ仕事で自立できてから婚活を始めることです。婚活は子どもと自分だけの生活が心から楽しいと思えてから始める方がいいです。
特にお子さんが女の子の場合、外国人パートナーが性的にも虐待をするような男性ではないと確信してから結婚してください。

 

 

私: 国際婚活で外国人男性の心をつかむにはどんな女性でいるべきしょうか?
 

 
Kさん: 外国人の甘い言葉にだまされず冷静に、自分を安売りせずに男性に君じゃないとだめなんだと言わせるような女性でいることです。さらに、
 

  • 忙しくして魅力的でいる
  • 自信をもち、母親のような強さと優しさで男性を包む女性であること
  • いつも笑顔でいること

 

 

私: 日本に住むシングルマザーの女性で国際結婚をして海外移住したい人へのアドバイスがあればよろしくお願いいたします。

 

Kさん: 離婚をした理由はそれぞれ違っていても傷ついた心は計り知れず、心身ともにまず自分を大切に癒してください。
 

結婚に対してネガティブな感情は子供の将来にも影響を与えるだろうし、家庭の中でお母さんが笑顔で明るく、生きているのが楽しい、人生すてたもんじゃない!ワクワクすることだってたくさんあるんだ!と言葉でも表情でも、メッセージとして子どもたちに伝えられるようなお母さんになることが大切だと思います。
 

またシングルマザーとして頑張っている自分をいっぱい褒めてあげて自信を持つようにするんです。
 

それから自立です。経済的にも精神的にも自立することが重要です。
 

子供がいると特に、「自分は離婚してしまってダメな母親だ」、「一生十字架を背負って生きていかねば」と私も思っていたし「二度と結婚なんかしたくない」とも思っていたこともあります。
 

でも子どもに対する愛情と、男性に対する愛情の種類が違うことに気づき、やはり女性として生まれた以上、心から愛し愛される関係も素敵だと思うようになりました。
 

自分の理想とする男性像を思い描いて、自分の目にかなわない人は即、見切りをつけられる自分になるようにしました。男性の年収だの、容姿だの、目に見える部分で男性を評価しないほうがいいです。
 

もちろん、きちんと仕事をしている男性というのは大切ですが、年収など変化するものよりも、一緒にいて居心地がいいとか、誠実であるとか、人間性を重視して見極められるようになる自分になることですね。
 

それから、新しい恋愛をするとき自分から追わない、なんでも合わせない、しかし、気にかけてスウィートに接したり、上手にFlirtingをするようにして男性を否定しないとか、いい気分にさせるとか笑顔を心掛けたり、といったことでしょうか。

 

近いうちに絶対、一生のパートナーと出会えると信じて、あきらめないでください。

 

子どもがいても再婚できる。子どもも自分も相手もみんなで幸せを感じて生きていける日が必ずきます。

 

 

コーチを活用して、自分でも努力して、幸せな国際結婚をしてください。きっと大丈夫です。
愛にみちた人生にできます。
 

Kより

 

 

 

出会いサイト利用の婚活についてKさんからの追記:

 
 

夫とはジャパンキューピッドで出逢いましたが、イーハーモニーも試してみて、カナダ人男性と1年弱遠距離恋愛したこともあり、今でも繋がっています。
 

 

ジャパンキューピッドよりイーハーモニーが良い出会いが多そうな感じでした。登録に時間がかかりますが。

 

変な人は確かに多いですが、まともな誠実な人もいて実際に地元で会って友達になれそうだった人や新幹線で会いにきてくれたイギリス人男性もいました。

 

変な人と判った時点で ( 変だという定義を自分であらかじめハッキリしないといけませんが、性的な話をすぐ持ち出したり詐欺目的でお金の話をしだすとかでしょうか )、すぐ縁を切る、それでも良い人はいる!と希望を捨てないと良いと思います。

 

 

Screen Shot 2016-06-01 at 16.23.58

 

 

私も外国人の彼と知り合って国際結婚と海外移住を実現させたい!という人はこちら

 

 

 

Please follow and like us:
Facebooktwitterpinterestmail