国際結婚するという確信をキープする方法


自分は必ず国際結婚する!

という揺るぎない確信をキープさせる方法

 

2

 

発明の王、エジソンといえば世界中の人々に「歴史上に名を残した大成功者」と知られていますが、実は彼が、大きな成功を遂げるまでには、数え切れないほどの失敗を繰り返していたのです。

 

彼が、電球、蓄音機、電気トースターなどの発明を成功させるまでには、普通の人ならとっくに挫折してしまうほどの失敗、間違いをするのですが、それでも挫折しなかったのは、彼の中にあった、確信。

 

 

必ず自分は発電機を作ってみせる!という揺るぎない確信があったからです。

 

エジソンのような不屈の精神があれば、国際結婚することも絶対に可能なのです。

 

世界に散らばる男性の中から、自分が出会うべき、たった一人の運命の男性、ツインソウルに巡り合うことは、不可能なことではありません。

 

 

私の義父は、オックスフォード大学卒の大変頭の良い人です。

 

大学では、社会学や歴史を勉強し、彼は子供の頃から大人しく本ばかり読んでいるような人だったそうです。

 

成績優秀だった彼でも、大学を出てから教師の仕事を探すのに大変な苦労をした、と聞きました。

 

希望していたロンドン近郊の学校では仕事にありつけず、国中で教師を募集している学校を探し、履歴書審査を通過して面接を何度も何度も受け続け、29回目の面接でやっと仕事が決まったのです。

 

この話を義父から聞いた時、私は思いました。

 

「彼のような頭のいい、優秀大学卒の人でも30回近くも面接を受けて落ちたんだ。。。何かに挑戦する時たった5−6回の失敗で、諦めていてはいけない!」

 

 

転んでも、立ち上がって挑戦し続ける、失敗しても、そこから学んで前進し続けるためには、

必ず自分は成功する。目標を達成させてみせる。

 

という信念、確信が必要なのですが、どうすれば逆境にいてもその確信を心の中で燃え続けさせることができるのでしょうか?

 

人間、何事もうまくいっている時は、「必ず成功する」という信念を持てますが、失敗ばかりしてしまう時こそ、ブレない強い精神、自分を信じる心が、必要になってきますね。

 

 

確信をキープさせるためには、日頃から『小さな嬉しい偶然』を見逃さずに感謝していくことをお勧めします。

 

例えば、私が6年続いた婚活の最中、今の夫と出会って再婚する前に信じていたことは、

 

「私は、必ず運命の男性と出会い、幸せな結婚をして次はアメリカ以外の国に住む」

 

ということで、漠然とイギリスに行きたいと思っていたんです。

 

 

しかし、6年間も独身状態が続くと、時には自分が信じられなくなることもあります。

 

特に、続けてフラれたり、よくない男性ばかり引き寄せてしまったり、悪いことが重なったりすると。

 

 

それでも、信念を持ち続けるために私がしたことは、エビデンス日記をつけることでした。

 

感謝日記にも似ていますが、ただ嬉しかったことを感謝するだけでなく、自分が目標に近づいていることを裏付けるような出来事、情報、人物、記事、本、などを『小さな嬉しい偶然』として日記に記録して行ったのです。

 

イギリス雑誌、ミスターパートナーの新刊発売のお知らせが載っている新聞のページがちょうど開いていたら、「ああ、やはり私はイギリスに行く運命なのだ!」と、その偶然をシンクロニシティーと捉えて感謝しました。

 

電車の中で、素敵な外国人男性と目があったら「ああ、嬉しい!運命の男性は、どんどん私に近づいてきている!」という解釈をして感謝しました。

 

 

そうやって、他人からすれば『タダの偶然』を嬉しいシンクロニシティーと捉えるようにして、それを感謝日記に綴る、エビデンス日記をつける習慣を持ちました。

 

 

毎日の生活の中から、ちょっとした嬉しい偶然にフォーカスし、感謝できる心が育つと、もっともっと嬉しい状況を引き寄せることができるようになります。

 

一生懸命、婚活を頑張っているけど、なかなかタイプの外国人男性に出会えない、先の見えない国際婚活に疲れてしまった。。。

 

という方、ぜひ心を新たに、『小さな嬉しい偶然』にフォーカスして感謝する習慣を身につけてみてください。

 

続けていれば、必ずもっともっと大きなシンクロニシティーが、ドーンとあなたを驚かせてくれますよ!

 

こちらの記事もオススメです。

 

感謝日記の引き寄せ効果を倍増させる方法

 

 

運命の外国人男性と出会って幸せな国際結婚をしたい人はこちらをどうぞ

 

england-116004_640

 

 

Facebooktwitterpinterestmail

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です