国際スキルと英会話力アップに必要な○○


英会話力アップのためにはTOEICの勉強ではなく度胸をつけることが大事!

 

2

 

私には子供がいないので成長のプロセスについては全然無知なのですが、姪っ子や甥っ子たちが会うたびに口が達者になり、ボキャブラリーも増えていっているのを見て驚かされるのです。

 

やはり、子供のLearning Speedってスゴイ!

 

イギリスに甥っ子二人と姪っ子一人がいますが、特に、真ん中の女の子と末っ子が生まれたばかりの何も喋れない赤ちゃんの頃を知っています。

 

彼らに会うたびに上手に話せるようになっているのを見ては、大人になっても子供と同じような柔らかい脳があればみんな英語学習に苦労しないのに。。。

 

と思ってしまいます。

 

小さい子どもがほんの数年たらずで上手に英語が喋れるようになる反面、何十年かけて勉強しても上達しない大人はたくさんいるんですよね。

 

よく、英会話学習に関する商品の宣伝コピーで

 

「コレをすれば30日でネイティブとスラスラ会話ができるようになる!」

 

みたいなのありますね。

 

アレって本当かなぁ???といつも疑問に思うのですが。

 

海外生活が26年にもなるので今でこそ私は英語には苦労していませんが、最初の頃はやはり大変でしたよ。

 

でも、英会話上達には次の3つの心得が大切かと思います。

 

ひらめき電球完璧じゃなくても話す度胸をつけること。

 

ひらめき電球外国人の前でも怖じ気付かない自信を持つこと。

 

ひらめき電球間違うことを恐れないこと。

 

 

 

間違いを恐れずにどんどん英語を話そうとする姿勢は本当に大切。

 

間違うことで脳に新しい回路ができるし、また一つ賢くなれます。

一度、単語の使い方や文法のミスをして誰かに指摘されると一瞬恥ずかしいかもしれませんが、そのおかげで学びも大きいということです。

 

多分同じ間違いを繰り返すことはないと思いますよ。

 

でも、いつまでも恥ずかしがって口を開かないでいたり、外国人に話しかけるのはもっと上手になってから、と待っていても一向に上達しません。

 

 

2歳3歳の子供がどんどん言葉を覚えていくのは、間違えながらも一生懸命話そうとするからですよね。

 

 

お母さんに間違いを指摘されるとシッカリと頭に入り、同じ間違いは繰り返さなくなります。

 

 

日本人はどこの国の人よりも英会話の勉強頑張っていると思います。

 

TOEIC 900点ある人なんてザラにいるでしょう。

 

 

でも、TOEIC 900点を取るための試験勉強を頑張るよりは、

 

間違いを恐れずに堂々と外国人に話しかける度胸をつける方が英会話スキル上達の近道です。

 

 

 

TOEIC 900点なくたって立派な英会話は成り立つんですから!

アメリカに行ったばかりで英語が話せなかった時、次のようなハプニングがありました。

 

えーんバスの運転手が運賃はいくら、と言っているのがわからずバスに乗せてもらえなかった。。。

 

 

えーんそのままトボトボと道を歩いていたらメキシカンが乗った車に追いかけられて泣きながらガソリンスタンドに逃げ込んだ

 

えーん夜の11時ごろフリーウェイで車のタイヤがパンクしてどうしていいかわからず車から降りてまた泣きベソをかいた。

 

えーん電話会社の人に母の旧姓を聞かれてそれの意味がわからずカウンターで10分相手を困らせた。

 

似たようなハプニングはたくさんあります。ただ、こういう経験をしたからこそ今こうやって英語を話せるようになったのだな、と思います。

 

かっこ悪い経験をしてこそ学ぶもことも大きい!

 

子供達は間違ってもかっこ悪くても全然、気にせず喋りまくりますね。

 

そういう精神で大人も英会話を勉強すると上達も早いんだろうな、と3人の甥っ子姪っ子の顔を見るたびに気付かせてもらってます!

 

 

英会話力を伸ばして、外国人男性との出会いを増やしたい方はこちらをどうぞ!

 

 

countries-1301799_640

Facebooktwitterpinterestmail

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です