欧米人男性の7つのI Love Youの伝え方


欧米人男性の愛情の示し方、

「I Love You」の伝え方

 

contrail-1532791_640

 

 

欧米人男性のマインドを理解していますか?

彼らの愛情表現にちゃんと気付いていますか?

 

 

 

私の前夫は、8歳年下のアメリカ人でした。

 

彼と一緒にいた期間は6年でしたが、その間私に対して「I Love You」とはっきり言葉で言ってくれたことはホンの数回だけでした。

 

ある日、なかなかI Love Youと言ってくれない彼に問い詰めたことがあります、「なぜ言ってくれないの?私のことをそこまで愛してないから?」

 

 

それに対して、彼はこう答えました。

 

 

僕は、君を愛しているし、もし君がその言葉をどうしても聞きたいなら言ってもいいけど、僕には僕なりの愛情表現の仕方や態度で「I Love You」と伝えているつもりだけど、それに気付いてくれてないようだね。

 

 

その時、彼が私にアメリカ人男性、そして多くの欧米人男性の「I Love You」に相当する態度、行動について教えてくれました。

 

 

そして、よく考えてみると、彼の言っていることは元カレや他にお付き合いした男性が示してくれた優しい態度ととても似ていることに気がついたのです。

 

 

そして、当時仲良くしていた「I Love You」となかなか言わなかった友人のボーイフレンドの態度にも共通するものがありました。

 

 

もしかしたら、すべての欧米人男性に当てはまるかどうかはわかりませんが、こちらを参考にしてみてください。

 

 

欧米人男性のI Love Youの伝え方

 

 

 

⒈ いろいろ手伝ってくれる

 

家具を動かしたい時や、庭の芝刈りをしたい時、重いものを持ち上げる時など、快く手伝ってくれれば、それは彼があなたを愛しているからです。

 

男性は好きな女性から力仕事を頼まれると、張り切って手伝ってあげたくなり、彼女が笑顔で喜ぶ姿を見たり、感謝してくれると、さらに嬉しくなり、もっと彼女の役に立ちたい!と思うものです。

 

 

⒉ 病気や体調不良の時そばにいてくれる

 

風邪をひいて、化粧もできず、髪もボサボサのパジャマ姿であってもベッドにスープを持ってきてくれたり、薬を飲ませてくれたり、そばにいてくれる、という行為はあなたを愛している証拠です。

 

体調が悪かったり情緒不安の時には、ジョークを言って笑わせてくれたり、一緒にいて、マッサージしてくれたりするのも、立派な愛情表現なのです。

 

 

⒊ 自分の友達・仲間に紹介してくれる

 

自分の友達に自慢げに紹介したり、趣味の仲間、職場の仲間に紹介してくれるのもあなたを愛しているからこそ。

 

また、Facebookなどのソーシャルメディアで、あなたと写っている写真を投稿したり、ステイタスを「in a relationship with 〜」の〜のところにあなたをタグ付けして公認にするのは、愛情表現以外の何物でもないですね。

 

そして、紹介するときに「僕のガールフレンド」あるいは、「僕の妻」としっかり二人の関係を相手に伝えるのも「彼女は僕にとって特別な女性」と言っているのと同じことです。

 

 

⒋ 自分の両親(特に母親)に紹介してくれる

 

これは、特別な愛情表現です。

自分の両親、それも母親にあなたを紹介してくれるのは、あなたを愛している証拠です。

 

真面目に交際しているということを、両親にわかってもらいたい、「見て!僕にはこんな素敵な彼女ができたよ」と自分の母親に自慢したい、という心理が出ていると思いませんか?

あなたのことを真剣に考えていなかったり、長期で交際しようと考えていなければ、両親に紹介なんてしないでしょう。

 

 

⒌ 壊れたものの修理をしてくれる

 

電気製品や、車の調子が悪い時に修理してくれたり、修理に出してくれたりするのも、愛している女性の前で男らしくありたい、と願うからです。

 

電球が切れたら交換したり、シャワーの排水溝が詰まったらすぐに直してくれるのも、男性が好きな女性のために役に立って喜んでほしい気持ちの表れです。

 

 

⒍ 危険から守ってくれる

 

好きな女性を危険から守りたい、怪しい男から遠ざけたいと思うのは、男性の本能で愛情表現でもあります。

 

歩道を歩く時、常に道路側を歩いてくれたり、ドアの開け閉めをしてくれたり、暗い道を歩いている時に気遣ってくれたり、手をつないでくれるのも彼女をプロテクトしたいからです。

 

 

⒎ 誕生日やクリスマスに特別なことをしてくれる

 

彼があなたにバレンタイン、誕生日、クリスマスに、花束や、カード、プレゼントをくれるのは、「I Love You」と言っているのと同じことです。

 

たとえ、赤いバラの花束でなくても、プレゼントが「ティファニーのオープンハート」のネックレスでなくても、彼なりにあなたを大切にしている、という気持ちを伝えるための愛情表現をしてくれているのです。

 

ありがとう!と素直に受け取って彼にハグしてキスをしてあげましょう。

 

 

 

tattoo-702133_640

 

 

 

思い起こせば、なかなか「I Love You」と言ってくれなかった私の元夫は、手を真っ黒にしながら私の車のボンネットを開けて整備をしたり、オイル交換をしてくれていたのもです。

 

また、車を買い替えたい時も、必ず一緒に見に行ってくれてテストドライブしてくれたり、積極的に自分から料理もしてくれていました。

 

そして、付き合い始めた頃からすぐに彼の友達や家族、親戚にも紹介してくれ、彼なりに愛情表現をしてくれていたのですが、それに気づかず私は、なぜか「I Love You」という言葉に執着していたんですね。

 

 

女性なら、誰でも言って欲しい言葉ですが、女性と男性では恋愛心理が違う、ということが当時の私には理解できていませんでした。

 

 

現在のイギリス人の夫は「I Love You」と口にして言ってくれますが、それ以外の彼の私への愛情表現は、頼めばすぐにお茶を淹れて持ってきてくれることです。

 

 

あなたの、ボーイフレンドや旦那様はどうですか?

 

言葉ではっきりと「I Love You」と言ってくれますか?

 

それとも、態度で示してくれるタイプですか?

 

 

 

今付き合っている欧米人の彼がいる人も、独身の人も国際結婚を目指しているならこちらの無料メールレッスンをどうぞ!

 

 

engagement-1718244_640

 

 

 

Please follow and like us:
Facebooktwitterpinterestmail

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です