マレーシア関係の国際結婚詐欺に要注意!


マレーシア関係の国際結婚・ロマンス詐欺に引っかからないで!

 

 

scam-2048851_640

 

 

 

SNSを通して知り合った外国人であなたのことを「ハニー、ベイビー」などと呼ぶ男性に見覚えありますか?

 

 

ネットで知り合ったばかりなのに、『結婚したい』という言葉をチラつかせてくる『英国人投資家』『シリアに勤務のアメリカ人医師』を名乗る人とメール交換していますか?

 

 

 

もしかしたら、あなたは近年増加している国際結婚型振り込め詐欺のターゲットにされている恐れがあります。

 

どうぞ、こちらの在マレーシア日本国大使館のサイトを読んでください。

インターネットを経由した詐欺にご用心 ~日本在住の方が被害に遭っています!~

 

 

同サイトでは、国際結婚振り込め詐欺のことを以下のように定義しています。

 

 

インターネットの出会い系サイトやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)等を通じて知り合った異性から、結婚や恋愛を前提に関係を深めつつ、 何かしらの理由をつけてマレーシアに向けて国際送金をさせようとする国際的な振り込め詐欺で、ロマンス詐欺、ナイジェリア詐欺と呼ばれることもある。

 

 

読んで気になる、なんだかやっぱり怪しい。。。と思い当たるふしがありましたら、今すぐに、メール交換している男性と連絡を切ってください。

 

 

相手はあなたと結婚する気が無いだけでなく、名乗っている「英国人実業家」などという身分とはまったく違う悪質なインターネット犯罪者なのです。

 

 

 

 

私のクライエントさんでも、もう少しで被害にあうところだった女性が何名かいるのです。

 

 

一人の女性は、Japanxxxxdという国際恋愛の出会いサイトを通して、スコットランド出身の石油エンジニアをしている、と名乗る男と知り合いました。

 

 

最初から、彼は甘い言葉で彼女をその気にさせ、2−3か月にわたって毎日のように、

 

「早く君に会いたい」

「君の両親は外国人との結婚を許してくれるか?」

「僕は、両親を早く亡くしているので、結婚がしたい。」

 

などというメールをしてきたのです。

 

 

クライエントさんと私はお互いに、まだ顔も見てないのに結婚を切り出してくるなんて、おかしいね。。。なんて言っていたのですが、彼のメールの書き方は相手をその気にさせる文章力がありました。

 

 

私は、彼女から彼の送ったメールを何度か見せていただいたのですが、国際結婚詐欺にありがちな、「英国人でありながら、英語文法がおかしい。」という点がまったく見られなかったのです。

 

 

マレーシア経由ロマンス詐欺の加害者には、ネイティブ並みの英語力を持つ者もいるので、日本人だけでなく、欧米人女性も被害に遭ってしまうケースがあるのです。

 

 

そして、例のクライエントさんは、しばらく彼とメールを続けていたのですが、ある日彼から送ってきた写真を見せてもらい、私はとても嫌な予感がしました。

 

 

見た目は、金髪のスコットランド人に見えるのですが、本当にメール交換をしている女性と結婚を考えているなら、こんな遊び人の雰囲気ありありの写真を送りますか?

 

 

と、相手の人間性を疑うような、パーティーで酔っ払っているところの写真を送ってきたのです。

 

その時点で、その男に対して私の直感が一気に赤信号を送ってきました。

 

 

男は、彼女には相変わらず「まだマレーシアで仕事のプロジェクトが終わっていない、後1週間ぐらいで終わるはずだから、その時に日本へ行くよ」というメッセージを送っていました。

 

 

私が、そろそろ彼女に「その男怪しいから、関係を絶ったほうがいい」とアドバイスしようと思っていた矢先に、クライエントさんから次のような連絡がありました。

 

 

「聡美さん、彼からメールがあって、お金を貸してほしい」と言われました。

残念ですが、彼の口からお金のことが出てきた時点で、もう終わりです。

ちょっとショックですが、私は知らない人にお金を貸すことは絶対にしないので、他の人を探します。

 

 

 

私の大切なクライエントさんが、もし彼のいいなりになっていたら。。。と思うと私も本当にショックでした。

 

でも、彼女は賢い女性だったので、被害を防ぐことはできましたが、この経験があったことで、今後私も、彼女もオンラインで出会う相手には、十分注意をしなければいけない、という勉強になりました。

 

 

現在、この女性には知り合って半年になる、誠実で信頼出来るイギリス人男性の存在があり、実際会ってデートもしました。

 

 

誠実な男性、本当に真剣に関係を深めていきたい、と思っている男性は出会ってすぐに軽々しくメールで「結婚したい」なんて言いません。

 

 

 

私が、10年前にオンラインデーティングをしていた頃は、国際結婚詐欺という言葉さえ聞いたことはありませんでした。

 

 

出会って、すぐに個人情報を知りたがったり、体目当ての人はいくらでもいましたが、お金を貸してほしい、と言われることは一度もなかったです。

 

 

日本でオレオレ詐欺の手口が巧妙になり、「あれじゃあ、気をつけてても引っかかる!」というニュースが急増していますが、国際結婚するカップルが増えるにつれ、ロマンス詐欺の被害に遭う人も増加する可能性は十分あります。

 

 

こちらの記事によりますと騙されやすい出会い方として以下が挙げられていました。

・ナイトクラブ(ホステス)
・遊びに行った先(クラブ・バー等)
・国際結婚相談所

 

 

そして、これに加えて日本人との出会いを目的にした出会いサイト、フェイスブックなどのSNSも加わります。

 

 

さらに、同記事では、

 

 

国際結婚詐欺は、相手国が日本より貧しい国の人が多いです。

日本人男性の場合 中国・フィリピン・タイ・ベトナム・東欧圏諸国・南米諸国の話が多いです。

逆に日本人女性は ヨーロッパ・アメリカ・カナダ・オーストラリア等先進国の相手の話を多く聞きます

 

 

 

クライエントさんをはじめ、国際結婚を望む女性のサポーターの一人として、私はこのような事件に巻き込まれる被害者を一人でも少なくしたいと思っています。

 

 

私自身が国際婚活をしていた10年前に比べ、インターネットでは新しい便利なアプリやサイトが登場し、世界はさらに縮まり、グローバルな交友関係を持つことが簡単になりました。

 

 

しかし、この便利さと、優しくて人を信じやすいタイプの人が多い日本人、欧米人との結婚を希望している日本人女性が多い、という事実を悪用してお金儲けをする人間は増える一方です。

 

 

どうか、皆さん、女性に甘いメールを送り、「結婚したい」という言葉をチラつかせる悪質な手口に引っかからないでください。

 

 

そして現在、ネットで知り合った人とメール交換している相手がいる、いないに関わらず、こちらの記事に今すぐ、目を通してきちんと知識をインプットしておいてください。

 

 

■国際結婚詐欺に関する記事■

 

 

 

 

誠実な外国人男性と出会い、幸せな国際結婚をしたい人はこちらの無料講座をどうぞ

 

atoll-1854075_640

 

 

Please follow and like us:
Facebooktwitterpinterestmail

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です