イギリス人男性と結婚して英国移住するためのビザ: No.2


イギリス人と結婚してビザ申請する前に知っておくべき2つの重要事項

 

 

 

 

イギリス人と国際結婚したら誰でもすぐに配偶者ビザがもらえるの?

英語が苦手だけどビザ申請に影響しないだろうか?

 

 

前回の「イギリス人男性と結婚して英国移住するためのビザ: No.1」の記事では、

 

イギリス人と結婚することになった人が、彼、彼女と一緒になるために英国に長期滞在する場合申請するビザについてお話ししました。

 

 

今回のパート2では、申請後、ホームオフィスが申請者にビザ発給を承認するかどうかの判断の際に重要になってくる二つのポイントについてお話しします。

 

 

① 「最低限必要な年収」

 

② 「英語能力」

 

 

 

① 最低限必要な年収

 

 

あなたと配偶者となるイギリス人男性(女性)の年収が2人分合わせて合計£18,600に達することを証明しなくてはいけません。

 

 

あなたに子供がいる場合、以下の金額が最低年収基準の£18,600に加算されなくてはいけません。

1人目:£3,800

2人目からは各子ども1人につき:£2,400

 

 

証明の仕方は以下を参考にしてください。

 

 

☑️ あなたと、あなたの配偶者となるイギリス人市民の収入が記録されている銀行残高

☑️ 半年分の給料明細

☑️ *雇用主からの手紙

 

 

雇用主からの手紙には以下のポイントが含まれていること。

 

  • あなたとあなたの配偶者となる人が、そこで雇用されているということ
  • 仕事の肩書きや部署名
  • 雇用されてどれくらい経過しているか
  • 雇用形態(例:正規雇用か非正規社員なのか、非常勤なのか)
  • 税金や保険、英国ナショナルインシュランスなどを支払う前の収入額
  • 現在額の収入をもらうようになってどれくらいなのか
  • 給料明細に偽りがなく正規のものであるかどうか

 

 

 

② 英語能力

 

 

英語能力を証明するには、英語圏の大学を卒業したという証明書、あるいはホームオフィスが承認しているテストを受けるかのどちらかになります。

 

 

あなたに子供がいる場合、子供の英語能力の証明する必要はありません。

 

 

ちなみに、私はアメリカの大学を卒業しましたので、卒業証書のコピーを送りました。

 

 

大学の卒業証明を利用する場合は4年の大学を卒業してBachelor Degree、またはそれ以上の学位があること。

 

 

テストを受ける場合は、ホームオフィスが承認済みのapproved English language test を受けてスピーキングとリスニングの部門でCEFR level A1 に達することが要求されます。

 

 

まとめ:

 

 

Family Visaを申請する時に最低限必要な年収は、£18,600であることでこれは、あなたとあなたの配偶者となるイギリス市民の2人分の年収を合わせた金額です。

 

 

しばらく前までは、配偶者となる人の年収だけが対象になっていましたが、条件が変わったようで、現在はビザ申請する人と、その配偶者となる人両方の年収が対象になっています。

 

 

銀行残高証明や、雇用主からの手紙などの書類は全て翻訳専門の業者か、翻訳者に依頼することです。

 

 

英語圏の4年大学を卒業している場合は、その卒業証書が英語能力の証明として利用できます。

 

 

テストを受けなくてはいけない場合は、ホームオフィス認定の機関に問い合わせてテストを受けましょう。

 

 

イギリスのビザや移民法について調べるには、のサイトをチェックしてください。

 

 

イギリスの移民法は頻繁にアップデートされますので、日頃からこちらのサイトに目を通すようにして、最新の情報をキャッチするようにしておいてくださいね!

 

 

憧れの国際結婚を手に入れる婚活の仕方がわかる無料メールレッスンはこちら

 

 

 

 

 

Please follow and like us:
Facebooktwitterpinterestmail

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です