人種が異なる者同士の結婚は上手くいかない?


 

人種が異なる二人が結婚すると幸せになれないのか?

 

 

 

 

 

白人の彼とアジア人の自分が国際結婚しても上手くいくだろうか?

 

 

人種が違う人と結婚することでどんな問題が起こるのだろう?

 

 

 

先日面白い、海外の記事を目にしました。

 

 

人種の異なるもの同士の離婚率について、という内容の記事で、それによると、

アジア人男性+白人女性の組み合わせだと、結婚10周年を迎える前に離婚する率は、

 

 

白人同士のカップルに比べて、59%も高くなるそうです。

 

そして、

 

黒人男性+白人女性のカップルだとその率は依然として高く50%。

 

 

ところが...

 

 

夫婦の組み合わせが白人男性+アジア人女性となると、離婚率はわずか4%に激減するのだそうです。


 

このレポートは米国で行われた統計がベースになっているので、他の国での詳しい事情については分かりません。

 

 

 

 

 

 

ちなみにイギリスでは、

 

 

黒人男性+白人女性のカップルに比べて、

 

白人男性+黒人女性のカップル非常に少ないです。

 

 


また、すでにお気づきかと思いますが、

 

 

町で見かける白人男性+アジア人女性カップルに比べて、アジア人男性+白人女性カップル、はダントツに少ないですよね?

 

 

ましてや

 

 

 
 

 

アジア人男性+黒人女性カップルってほとんど見た事ないです。

 

 

 

 

結婚そのものがタイヘンな上に、人種が違う、国籍が違う、宗教が違う、となれば、

より結婚生活を難しくさせてしまう要素が増えるという事でしょうか?

 

 

それとも、黒人女性は気性が激しい人が多いので、アジア人男性とはうまくつり合いがとれないからでしょうか?

 

 

 

また、白人女性はハイメインテナンスを要する人が多いので、お金がかかりすぎるからでしょうか?

 

 


 

国際結婚をしている他の夫婦が、どれくらいの頻度で喧嘩をしているのか知りませんが、

 

 

うちは、半年に1度くらい大きな喧嘩というか、言い合いをします。
(結婚して2−3年まではもっと頻繁でした)

 

 

それを、少ないと思うか多すぎると思うかは、人それぞれですね。

 

 


私たち全然喧嘩しないよ、というカップルもたまにいます。

 

 

ある、知り合いのヨーロッパ人夫を持つ女性との会話です。

 

 

私: 「え、全然けんかしないの?」

相手: 「うん、する理由もないし」

私: 「旦那さんにイラッとすることとか不満に思う事ないの?」

相手: 「ないよー。うちの旦那も絶対怒ることとか私に文句いってくることないし。」

私: 「....へー、珍しい。でも羨ましいな。」

相手: 「そう?旦那さん優しくないの?」

私: 「優しいけど、意見が食い違って喧嘩にはなるよ、時々」

 

 

でもそういえばこの女性はとてもおっとりした感じの人でした。
私は...

とてもおっとりしてるとは言えないし、

 

自分の意見はハッキリいわなきゃ!と思っている方なので、

 

夫に対していちいち言わなくてもいいことを言ってしまうところがあるかもしれません。

 

私たちが喧嘩になる理由は、だいたい

 

 

夫: 「もう僕にコレしろ、アレしろと言わないでくれ。

 

僕の人生なんだから、君に指図されたくない。」


 

私: 「どうして、いつも口先ばかりで行動しないの?

 

あの時、アレをやるって言ってたのにまだやってないけど?

 

最初からするつもりないんだったらやる!って言わないでよ」

 

 

こんな感じです。

 

 

 

 

私たちの場合、

 

 

 

夫がすごくおっとり、マイペースな人で、時々私のペースと合わなくなってそれで、喧嘩になるんです。

 

これは、彼が田舎出身だからですか?

 

それとも、

 

 

やりたいことは今やらなきゃだめ!

 

という私の価値観を彼に押し付けすぎるから?


あと、過去に喧嘩になりやすかった理由が、夫の家族とのつきあい方です。

 

 

 
義母は今年80歳で一人暮らしです。

 

義父は71歳元気でパートナーと一緒に暮らしてます。

 

以前まで、二人とも近所といえる距離に住んでいたので、それなりに頻繁に付き合いもありました。

 

 

私は、義母も義父も好きですが、やはり日本を恋しく思うこともあります。

 

 

 

クリスマスのホリデーにどちらで過ごすかで、もめる事がありますね。

 
たいてい、私の方が不満になって、

 

「毎年クリスマスはココにいてあなたの家族と一緒!
私だって自分の家族や親戚とお正月過ごしたいのに!」

 

となってしまってたんです。

 

 

 

国際結婚をしている人なら、共感していただけるかと思います。

結婚ってチャレンジングですよね。

日本でも離婚するカップルが昔に比べて増加している、と聞いています。

 

 

欧州では事実婚という形を選ぶカップルが増えています。

 

 

 

夫と喧嘩した次の日は、なんとなく、彼と普通に素直に接する事ができないこともあります。

 

 

でも、私の夫はいつも彼の方から仲直りをしてきてくれるし、あやまってきてくれます。

 

 

私の方が頑固なので、そういう、大人の夫が羨ましいし、おおらかさをありがたく思います。

 

 

だって、夫も私のように頑固だったら絶対いつまでもけんか状態が続き、せっかくの週末が台無しになってしまいますものね。

 

 

普段は子供っぽい夫もけんかした時は、私より幾分も大人で「許す力」のある包容力のある人に早変わりします。

 

 

私もそんな夫を見習って、喧嘩しても、嫌なことをされても、寛大な心ですぐに相手を許せる人になりたいです。
 
きっと、

 

思いやりに欠ける、
 

相手を許せない、

 

相手の視線で考えられない、

 

 

といったマイナス要素が積み重なると、結婚生活にヒビが入ってしまうのでしょうね。

 

 

私の夫の友達のイギリス人男性で、アメリカ人女性と結婚した人がいましたが、同じ白人どうしでも、国籍が違ったためか、わずか3年で離婚してしまいました。

 

 

でも、イギリス白人男性とアフリカ出身の黒人女性のカップルで、長く結婚生活が続いているケースも知っています。

 

 

 

人種が異なる相手と結婚しても、お互いが相手を思いやり、結婚生活を成功させようと努力していれば、離婚は防げるのではないでしょうか。

 

 

 

オンラインデーティングや国際交流イベントを利用して外国人との良い出会いを増やしたい方はこちらをどうぞ

 

 

 

 

Please follow and like us:
Facebooktwitterpinterestmail

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です