これを理解していればロマンス詐欺を防げます! 3


これを理解していればロマンス詐欺の被害に遭わずにすむ!

 

 

 

 

 

すでに被害に遭ってお金を振り込んでしまった方、

 

 

被害に会う前の段階で相手に個人情報を教えてしまった方、

 

 

フェイスブックで友達承認した途端、結婚の話に急展開してしまい、信用していいものか。。。

 

 

と困っていらっしゃる方、

 

 

その他、SNSやネットで国際婚活をしている全ての女性に理解しておいていただきたい、

 

ロマンス詐欺対策についてお話ししますね。

 

 

 

2018年2月現在で、ロマンス詐欺に関するご相談メールが大変増加しています

 

 

 

残念ながら、オンラインのロマンス詐欺は、今のところ無くなりそうな気配はありません。

 

 

詐欺のターゲットは日本人だけではなく、オンラインでパートナーを探している世界中の男女に及ぶんです。

 

 

ロマンス詐欺に騙されてしまう人は、ネットで知り合ってまだ実際に会ってもない相手の

 

「I love you, 君と結婚したい」

 

「妻と死に別れたけれど、君と日本で第二の人生をやり直したい」

 

このプロジェクトが終わったら日本に行って君と君の両親に会いたい」

 

などと言う、甘い言葉を信じてしまうんですね。

 

 

 

国際結婚したい!という強い願望や、早く結婚しなきゃ!という焦りや不安から、

 

出会ってまだ日も浅く、実際に顔を見て話したこともないけれど、このアメリカ人(イギリス人)の言うことを信じたい。。。

 

という気持ちになって、間違った判断をしてしまうんだと思います。

 

 

 

ロマンス詐欺は、早く結婚したい、パートナーが欲しいけど、なかなか実現しない女性の心理につけこんで、

 

彼女たちをたらし込み、お金を振り込ませるのです。

 

 

彼らはプロフィール上ではアメリカ軍の医者、石油エンジニアなど立派な職業でお金持ちのはずなのに、

 

いろんな理由を作って「送金してくれ」と言うのです!!

 

 

 

 

 

 

しかし、気持ちをしっかり持って、出会いから結婚に至る常識的なプロセスが理解できていれば、

 

詐欺の被害に遭うことは避けられるはずなんです。

 

 

 

出会いから結婚に至るプロセスとは??

 

 

 

まず、男女が出会ってそこから、お互いを知っていくためにデートを繰り返したり、

 

電話やチャット、メール交換で信頼できる友達関係を築いていったりしますね。

 

 

欧米人男性相手なら、多くの場合デーティング期間を経て、真剣な交際になり、その後は婚約、そして結婚というプロセスです。

 

 

 

大まかな流れですが、だいたいこんな感じで展開していきます。

 

 

真剣な交際の段階では、近距離で頻繁に会えるカップルもいれば、お互いの国や町を訪問し合いながら、

 

遠距離恋愛を持続させていきながら、関係を深めていくカップルもいます。

 

 

この段階から、次のステップの婚約までにどれぐらいの時間を要するかは、カップルそれぞれですね。

 

 

また、すべてのカップルが婚約に発展するとは限らず、途中で関係が壊れてしまい別れてしまうことも多々あります。

 

 

とにかく、中身のある交際期間を経て男性が、「彼女と結婚したい」と決めたら勇気を出して、

 

婚約指輪と一緒に彼女にプロポーズするのですよ。(指輪無しの時もあるみたいですが)

 

 

プロポーズは男性にとっても人生の一大決心であり、大きなイベントなのですから、もちろん真剣です。

 

 

ネットで軽々しく、顔も見えてない状態でメールで、「君と結婚したい」なんて言うはずがないのです!

 

 

 

貴族や、ロイヤルファミリーだとか、代々続く由緒ある名家の子供でない限り、

 

実際に本人に会わないうちに結婚が決まるなんてことは、今の時代ありえないことでですよね。

 

 

でも、結局詐欺はそれなんですよ。

 

本人と会って顔を見て話をしないうちから、軽々しく結婚の話に展開させていく。

 

 

フェイスブックで友達申請を受け、それを承認して毎日メール交換をしていくうちに、

 

勝手に向こうから恋愛ペースを速められ、スカイプで話すこともしないうちに、

 

「君と結婚したい」「日本にいる君の両親は僕のことを許してくれるかな」なんて言われるんです。

 

 

でも、普通ならそこで「え?まだ会ってもないのに?」と違和感感じるはずなんですよ。

 

 

その違和感は、直感でもあります。

 

 

でも、自分の直感を信じないで、彼の言葉を信じたくなるんですね。

 

 

でも、よーく考えてみてください。

 

 

もし、相手が日本人男性だったらどう対応していますか??

 

 

見ず知らずの「医者」「石油エンジニア」と名乗る、写真では超イケメンの日本人が、いきなりSNSで友達申請してきて、

 

友達になったとして、まだ会ってもないのに「君を愛している」「結婚して欲しい」と言ってきたら?

 

 

「あなた何言ってるの?」と、直ぐに胡散臭いことに気づきますよね?

 

 

でも、これがアメリカ人のイケメン男性(写真では)だと心が踊ってしまったりするんでしょうか。

 

 

 

今後、詐欺の被害に遭わないためにも、しっかり頭に入れておいてください。

 

 

普通の、一般的な欧米人男性は、見ず知らずの日本人女性に、フェイスブックやその他SNSで友達申請したりしません。

 

 

申請してくるのは、何か下心がある怪しい男性だけです。

 

 

欧米人は、基本的に知らない人、面識のない相手に友達申請しません。

 

 

 

石油エンジニア、医者などの肩書きがあるほどのアメリカ人、イギリス人男性は、デーティングサイトやSNSを通して、

 

わざわざ遠い国に住んでいる日本人女性に、「結婚して欲しい」なんて言いません。

 

 

 

もし、そんなことを言ってくる男性がいたら、全て詐欺だと思ってください。

 

 

彼のプロフィールも写真も全部偽物です。

 

 

彼らは、アメリカ人でもイギリス人でもなく、アフリカ人のネット犯罪者です。(ナイジェリアが主流)

 

 

 

絶対に知らない外国人からの友達申請を承認しないでくださいね。

 

 

もし、承認してしまったら、相手をブロックしてください。

 

 

マメに毎日メールが来ると思いますが、本気にしないで、無視してください。

 

 

絶対に個人情報も教えない!お金も振り込まない!

 

 

 

安全なオンラインデーティングをして、自分の身は自分で守りましょう。

 

 

 

こちらにロマンス詐欺について記事を書いていますので、ご参考になさってくださいね。

 

国際結婚ロマンス詐欺の被害に遭わないための対策

 

ロマンス詐欺だったと気付いても落ち込まないで!

 

要注意!外国人によるFacebook犯罪や詐欺が増えてます!

 

 

 

■その他国際結婚詐欺に関する記事■

 

インターネットを経由した詐欺にご用心 ~日本在住の方が被害に遭っています!~

国際ロマンス詐欺の手口をその対応

 

 

詐欺は実際にいますが、だからと言って、語学交換のアプリやデーティングサイトが、

 

悪質サイトという訳ではないし、登録しているユーザーが怪しい人ばかり、というわけではありません。

 

 

実際に誠実な人と出会って結婚、真剣なお付き合いをされる方もいます。

 

 

自分をしっかり持って、変な男と寄せ付けないポジティブな波動を常に出しておくことが

大事かな、と思います。

 

 

 

 

 

Please follow and like us:
Facebooktwitterpinterestmail

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 thoughts on “これを理解していればロマンス詐欺を防げます!

  • 福士 明美

    もっと早くにこのサイトを見ていたらと思います。やっと、目が覚めたような思いでいます。
    4月から登録した語学言語アプリで知り合った男性に既に50万みずほ銀行 草加市店に振り込んでしまいました。つい、先月28日です。
    何度も違和感を感じていたのに…
    5月2日くらいに helloとメールが来ました。
    土木技師で10人雇っている会社経営しているニューヨーク在住1964年6月24日誕生日
    父はイタリア人で医師 母はアメリカ人で看護師.彼の名前はStephen Micky 10歳の時にアメリカへ来てから住んでいる。奥さんは死別。
    父母もすでに他界。ひとり息子のJohnは 医師の資格を取るためドイツ在住。
    まだ2.3週間しか経っていないのに 愛してる愛の言葉を頻繁に言ってきました。
    どうして、会っても居ないのにそんな事を言えるのか、英文が間違いが多かったり、電話で話す時 ネイティブではないなと思ったのに。6月末、私に会いに日本へ来る予定でした。その時に親に会いたいとか、私と一緒に住みたい。日本で暮らそうとか。ひとり息子のJohnも日本語を勉強するだろう。
    旅発つ数日前に、事は起こりました。去年手がけたポーランドのビルが事故になり建物が倒壊して人が怪我をした。なので先にポーランドへ行って保証などの打ち合わせをして書類に署名などの手続きをしたあと、ドイツで息子に会いそのあと、日本へと言う流れでした。
    ところがポーランドでの待遇が酷くて 怖い。自分の命が危ない。自分はニューヨークの弁護士から被害額の70パーセントの20万ユーロ以上を既に払った。これで出発しようとしたら残りの30パーセントも払わなければならなくなった。と、言って私にお金を払って欲しいと。
    私は何度も違和感を感じながらそれでも彼は嘘は言ってないと信じてしまいました。
    それは 毎日毎日3時間以上メールを2カ月近くしていたから。 息子さんと一緒の写真などたくさん送ってくれました。あの人の良さそうで恥ずかしがりの顔の人が人を騙すとは考えてられなかったです。まめに電話もよくくれるし。
    ポーランドに居る写真を送って欲しいと言えば君は信じていないんだねと悲しそうな顔をして写真を送ってくれるし。

    • satomikeely 投稿者

      明美さん、こんにちは。
      コメントどうもありがとうございます。

      詐欺の被害に遭ってしまわれたのですね。。。
      本当にお気の毒に。。。
      お話を読ませていただいた限り、この相手は典型的なロマンス詐欺ですね。

      明美さんの中で、相手のことを怪しいと思ったり、違和感感じていたのに信じてしまったんですよね。
      詐欺の被害に遭われた方のほとんどが、同じようなことをおっしゃっています。

      「なんども疑ったけれど、彼の言うことを信じたかった。」

      大金を送金してしまい、本当に悔しいですね。
      ショックですよね。
      でも、一度このような経験をされると、次からは気をつけるようになります。
      詐欺がどんなことを言って来るのか、どんなメールを書いて来るのか
      と言った事が分かりますね。

      彼らのメールの書き方や、彼らのバックグラウンドはにてるんです。
      妻を亡くしていたり、子供がいたり、立派な仕事をしていたり、
      実際にあってもないのに、数週間で愛の言葉を囁いて来たり、

      これからは、十分お気をつけてくださいね。
      明美さんが次は、誠実で信頼できる素敵な男性と出会えますように!!
      心から祈っております。

  • 福士 明美

    もっと早くにこのサイトを見ていたらと思います。やっと、目が覚めたような思いでいます。
    4月から登録した語学言語アプリで知り合った男性に既に50万みずほ銀行 草加市店に振り込んでしまいました。つい、先月28日です。
    何度も違和感を感じていたのに…
    5月2日くらいに helloとメールが来ました。
    土木技師で10人雇っている会社経営しているニューヨーク在住1964年6月24日誕生日
    父はイタリア人で医師 母はアメリカ人で看護師.彼の名前はStephen Micky 10歳の時にアメリカへ来てから住んでいる。奥さんは死別。
    父母もすでに他界。ひとり息子のJohnは 医師の資格を取るためドイツ在住。
    まだ2.3週間しか経っていないのに 愛してる愛の言葉を頻繁に言ってきました。
    どうして、会っても居ないのにそんな事を言えるのか、英文が間違いが多かったり、電話で話す時 ネイティブではないなと思ったのに。6月末、私に会いに日本へ来る予定でした。その時に親に会いたいとか、私と一緒に住みたい。日本で暮らそうとか。ひとり息子のJohnも日本語を勉強するだろう。
    旅発つ数日前に、事は起こりました。去年手がけたポーランドのビルが事故になり建物が倒壊して人が怪我をした。なので先にポーランドへ行って保証などの打ち合わせをして書類に署名などの手続きをしたあと、ドイツで息子に会いそのあと、日本へと言う流れでした。
    ところがポーランドでの待遇が酷くて 怖い。自分の命が危ない。自分はニューヨークの弁護士から被害額の70パーセントの20万ユーロ以上を既に払った。これで出発しようとしたら残りの30パーセントも払わなければならなくなった。と、言って私にお金を払って欲しいと。
    私は何度も違和感を感じながらそれでも彼は嘘は言ってないと信じてしまいました。
    それは 毎日毎日3時間以上メールを2カ月近くしていたから。 息子さんと一緒の写真などたくさん送ってくれました。あの人の良さそうで恥ずかしがりの顔の人が人を騙すとは考えてられなかったです。まめに電話もよくくれるし。
    ポーランドに居る写真を送って欲しいと言えば君は信じていないんだねと悲しそうな顔をして写真を送ってくれました。
    あまりガツガツとしてこないで自分でも言ってましたがeasy going personのように見えたのも信じてしまった理由だとおもいます。
    今はショックでしばらくひっぱりそうですが。。