日本で国際結婚したら妻はこんな苦労をする


日本で国際結婚した妻が直面する苦労とは?

 

 

 

 

 

国際結婚して日本に住むことのデメリットは?

 

 

外国人夫を日本に迎えることで妻が覚悟しておくべきこととは?

 

 

 

私のクライエントさん達の中には、国際結婚したら海外に住みたいと思っている人、

 

どちらでもいいという人、そして出来れば日本に住みたい、という3パターンに別れます。

 

 

ほとんどの女性が、海外でも日本でもどちらでもいいい、とおっしゃっていますが、

 

国際結婚して、外国人夫に日本に移住してもらう選択をした場合、実際の結婚生活が始まると色々な苦労に直面する可能性が高い、ということを知っておきましょう。

 

 

もちろん、海外に嫁いで行った女性にも彼女達なりの苦労もありますが、この記事では、日本に住むことで起こりうる大変なことについてお話ししたいと思います。

 

 

 

外国人配偶者がどれぐらい日本の生活に馴染んでいるか?

 

 

私が知っている、日本に住んでいる国際カップルには、新婚当初に2通りのパターンがありました。

 

 

① 既に日本に住んでいた人と出会って結婚し、そのまま日本に住んだ

 

② オンラインや自分が海外在住中に相手と知り合い、彼が日本に移住してきた

 

 

 

①に関しては日本在住歴が長く、日本語も少し理解できて、日本に落ち着いている人、

 

あるいは、

 

まだ来日してそれほど長くはないが、とりあえず日本の生活には馴染んできている人に分かれます。

 

 

そして①の場合、日本の文化や習慣に対するカルチャーショックや、期待外れのことに驚く、という段階はもう通り過ぎていることでしょう。

 

 

また、何らかの仕事もあり、外国人在留者として最低限必要な届け出、ビザ申請、銀行口座の開設なども済ませている状態だと思います。

 

 

ですから、①のカテゴリーに入る外国人と国際結婚して日本に住む場合、夫をサポートすることが大きなストレスとなり、夫婦仲に影響する、ということにはならないでしょう。

 

 

 

しかし、相手が②のタイプだった場合は?

 

 

ずっと海外に住んでいた外国人の夫が結婚後、母国での仕事を辞めて、日本に移住してきたら?

 

 

自分が育ってきた国とは、文化も言葉も習慣もまったく異なる日本にやってきたら??

 

 

 

日本人妻が、かなり頑張らなくてはならない場面に多く直面する、ということを知っておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

まず最初の段階として、外国人夫を日本に合法的に滞在させるための諸々の手続きがあります。

 

 

外国人カードや配偶者ビザの申請がこれに当てはまります。

 

 

次に保険加入、銀行口座の開設、役所関係の登録から仕事探しもやっていかなくてはいけないのですが、日本語を話せない夫に変わって、妻がほとんどのことをやってあげなくてはなりません。

 

 

日本語ができない男性、英語圏出身でない男性、白人以外の男性だと、仕事がすぐに見つからない事もあり、そうなると妻に経済的な責任がかかってくるでしょう。

 

 

お金の心配から、仕事が決まらない夫にイライラして、夫婦喧嘩になる事もあります。

 

 

また、日本の地方や田舎に移住してくると、近所の人たちからジロジロ見られたり、差別されたり、言葉が通じなくてホームシックに陥り、繊細な男性の場合、うつ状態になってしまう事もありえます。

 

 

日本に慣れてない外国人夫と日本で生活していくことで、妻が彼を支えてあげなくてはならない状況に陥る可能性は非常に高いのです。

 

 

 

英語圏出身でない外国人夫と日本で生活した女性

 

 

私の友人で、ベルギーに住んでいる女性がいます。

 

 

彼女はベルギー人男性と国際結婚して10年以上経ちますが、結婚直後は、彼が日本に移住し、2人は8年群馬県に住みました。

 

 

その間の経験をこのように語っています。

 

 

国際結婚は楽しいことばかりじゃない。

 

英語圏出身でない、フランス語が母国語の夫が地方にやってきたことで、私も彼も大変な苦労をした。

 

田舎に住んでいたせいか、彼は人からジロジロ見られることはもちろん、差別もあったし、日本語が理解できない時に、

 

「日本語もわからないなら、ベルギーに帰れ!」

 

と冷たく罵られた事もあり、次第にイキイキ感をなくして変わり果てていく夫を見て、このままじゃいけないと思い、ベルギー移住を決心した。

 

しかし、2人の息子の子育ての責任もあり、私の仕事の方が収入も多かったことから、一家の大黒柱であった私にとってもストレスは大きかった。

 

 

 

彼女は、ベルギー移住後には別の苦労をされました。

 

 

しかし、苦労や大変な時期を経て、今はやりがいのある仕事をして、2人の息子さんも元気に育っているようです。

 

 

また、苦労を一緒に乗り越えてきた友人と旦那様の結束力は、さらに強くなったことは確かでしょう!

 

 

彼女がこれから、国際結婚を希望している日本人女性に知っておいてほしいこととは、

 

 

国際結婚すれば、幸せになれて、楽しいことばかりが起こるんじゃないか、とは考えないでほしい。

 

日本人男性と結婚することと同様、現実的な生活をしていく上で、それなりに大変な時期や苦労も必ずある。

 

 

 

 

国際結婚して日本に住むことのメリットデメリットをまとめてみました。

 

 

メリット:

  • 自分の両親や家族にすぐに会える
  • 結婚後もそれまでの仕事を続けられる
  • 自分は日本の生活に慣れているし言葉も通じるので楽
  • 子供が生まれたら自分の親に助けてもらえる
  • 彼の国の言葉を勉強する必要がない
  • 友達と離れずに住む

 

 

デメリット:

  • 外国人夫に基本的な事を一から教えてあげなくてはならない
  • 自分が夫よりも稼がなくてはいけない事もある
  • 外国人夫になかなか仕事が決まらない事もある
  • 日本語が話せない夫のためにいろんな手続きを手伝わなくてはいけない
  • 日本の生活で情緒不安になっている夫の心の支えにならなくてはならない
  • モテる外国人夫が他の日本人女性に誘惑される事もある
  • 日本の地方や田舎の生活に夫が嫌気をさしてしまうかもしれない

 

 

 

国際結婚して、最初から最後まで何の苦労もなく、スムーズにいく夫婦はいないでしょう。

 

 

大切なのは、何か問題が生じたら、お互いが協力し、支え合いながらベストな解決策を出していく夫婦間の結束力があるかどうかですね!

 

 

 

 

 

 

Please follow and like us:
Facebooktwitterpinterestmail

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です