ハッピーライフの実現

どうやって受け入れる?子なし人生

出産したいのに、子なしの人生になってしまいそうな女性は、どうすればそれをポジティブに受け入れられるか?

 

 

子供のいない人生、出産の経験をしない人生を受け入れることは容易ではありません。

 

子供を授かれないことを誰かに相談すれば、

 

「希望を捨ててはダメ」

「妊活しない方がかえって妊娠しやすいんじゃない?」

「不妊治療はちゃんとやってるの?」

 

というような答えが返ってきます。

 

40過ぎたし、もうそろそろ諦めようかな…なんて思っている時に限って、

 

「私の知り合いが43歳で自然受精で子供生んだよ!」

「〇〇さんは、41歳で妊娠して普通に健康な子が生まれたんだって!」

 

という他の40代女性のサクセスストーリーが耳に入り、

「私にもチャンスはあるかもしれない!諦めるのはまだ早い!」

 

と再び希望を捨てきれない自分に戻ってしまうんです。

 

いい加減諦め時かな?と思ったり、とことん後悔しないように頑張りたい!

をグルグル繰り返していくうちに1年、2年はあっという間に過ぎていきます。

 

そして気がついたら45を過ぎてしまい、本当に諦めた方が良い時期に来てしまったという人は多いのではないでしょうか。

 

子どものいない人生を受け入れるのは本当に難しいのです。

 

 

子供が欲しいと切実に思っていても、望み通りにならない事もあります。

 

そんな場合、その現実をどのように受け入れればいいのか?について考えてみました。

 

子供がいないことはなぜ辛いのか?を追求してみる

 

女性が自分の子供を生み育てたい、と願う気持ちは本能でもあるのでこれはどうしようもありません。

 

だからと言って全ての女性が母親になる運命を持って生まれてくるのではありません。

 

欲しくても恵まれない女性、期待していなかったのに妊娠してしまった女性、経済的にも精神的にも準備が整ってないのに授かってしまう女性と様々です。

 

もしあなたが、30代後半〜40代前半で出産を諦められない場合、「子宝に恵まれないことがなぜそんなに悲しいことなのか」について自問自答してみるといいでしょう。

 

そして子供がいない、ということを別の何かで補うことはできないか?を追求してみてください。

 

例えば、

 

1.夫に先立たれた場合自分一人取り残されて寂しい

 

→ 友達、親戚、兄弟など今ある人間関係を大切にして深めるようにする

→ 趣味、習い事、仕事を極めて仲間や慕ってくれるファンを増やす

 

2. 可愛い子供がいるハッピーファミリーを見ると幸せそうで羨ましい

 

→ 旦那さんと、とことん仲良くし人生を楽しむ

→ 子なしでも幸せなカップルと交流するようにする

 

3. 子宝に恵まれなかった女性という目で見られるのが悔しい

 

→ 他の分野で恵まれる女性になる

→ 子育てストレスを抱えている女性が羨ましがることをする

 

4.将来老いた自分は誰に介護してもらうのか心配

 

→ 自分と同じ境遇にいる人を探して意見の交換をする

→ 先述の通り、人間関係を大切にしていざという時頼れる人物の存在を確保しておく

→ 健康には人一倍気を使いながら、老後の時のための貯金や準備をする

 

子供がいないと老後寂しかったり、不自由な思いをする可能性もありますが、それをカバーできるオプションもあるはずです。

 

子供がいなくても良い人間関係を育み、人生を充実させ、早いうちから老後の計画を立てておくことで少しは安心できるのではないでしょうか。

 

 

妊活や不妊治療を続けることのマイナス点を意識する

 

体外受精などの不妊治療はとても高価で経済的負担がかかるだけでなく、ホルモン剤のせいで太ったり情緒不安にもなるし、不成功の結果が続くと精神的ダメージも大きいのです。

 

もちろん、希望に満ちて前向きな人もいるかと思いますが、不妊治療中だけど幸せ、心身ともに落ち着いているという女性に会ったことは今の所ありません。

 

「妊娠を希望しているのに心も体もボロボロ、追い詰められた感じ、受精が失敗するたびに落ち込んでしまう」

というご意見はお聞きしたことがあります。

 

精神的に不安定な状態ではなかなか子供も授かりにくいと思います。

 

お空で待っている子供も、自分のママとして選んだ女性が不安定なのを見て、心配するでしょうね。

 

 

46歳で出産した知人のケース

 

私も以前妊活に励んでいた頃は、彼女からのアドバイスを受けていました。

 

彼女は体外受精の治療中、鬱どころか気が狂ってしまいそうになり、直ちに治療をやめハリ療法に変えました。

 

めでたく46歳で息子が生まれたのですが41歳から続けた妊活&不妊治療のせいで自分はすっかり疲れて老け込んでしまった、と苦笑しています。

 

彼女は体外受精の治療は精神的・肉体的に悪影響だから絶対勧めない!と、妊活していた頃の私にはそのようにアドバイスしてきました。

 

 

子なしでも幸せな人生を生きている女性にアドバイスをもらう

 

私自身の場合、最終的に子なしの人生でもいいか!と受け入れることができたのは同じく子なしの先輩の女性に手紙を書き、良いアドバイスがもらえたおかげだと思っています。

 

どうしても子供が欲しいのに授かれない辛さ、

子持ち女性よりも自分が劣っているような気がすること、

子なしの人生を受け入れることができないこと、

夫に対して申し訳ない気持ち、

 

など素直に心の内を手紙で説明しました。

 

 

旦那さんとの間に子供がいなかったことを後悔してないか?

老後のことは不安ではないか?

 

についても質問しました。

(彼女と旦那様の間に子供がいないのは本人達の選択からです。)

 

そして、この先輩が丁寧に手紙で返事をしてくれたのです。

しかも、手紙の最後に素敵な詩も添えて。

 

素敵な大人の女性のあり方についての彼女の意見やアドバイスを読みながら私は泣きました。

泣きながら43歳で人生の目標を変え、方向転換をする決心がついた途端、肩の荷も下りたような気がしました。

 

この手紙は一生大切にしまっておきます。

 

いつも仲良く、若々しく、サンフランシスコで日本食レストランの経営をされているこのご夫婦のことが私は大好きです。

 

子供はいなくても寂しそうだとか、不幸そうに見えたことは一度もありません。

 

きっと好きな仕事をしながらお店のお客さんに喜んでもらい、社会に貢献をしているからでしょう。

 

また、二人は旅行へ行ったり、ゴルフをしたり、美味しいものをたくさん食べたり、人生を心から楽しんでいるんです。

 

 

子供がいなくても楽しい人生を送れる

 

今でも子供がいなくて残念だなと思うことはたまにありますが、これは本能だからそう思うんだ、と割り切ってます。

 

2016年現在44歳ですが、一年前に子供のいない人生を受け入れる決心をしたことで得るものは本当にたくさんありました。

 

妊活をしていた頃に比べて夫婦仲も一段と良くなり、楽しく充実した毎日を送れています。

 

統計によると、

 

カナダ人カップルの44.5% は子供がいません。

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアに住む女性の5人に ひとりは子供を持たないまま40代半ばを迎えるそうです。

 

 

 

子供がいなくても輝いて幸せいっぱいの女性はたくさんいます。

 

世の中のために大きな貢献をしている女性も大勢いますね。

 

そんな素敵な先輩女性をロールモデルにすることで、もしかしたら子供のいない人生を受け入れることができるかもしれません。

 

 

憧れの国際結婚を手に入れる婚活の仕方がわかる無料メールレッスンはこちら

 

Young handsome couple in the kitchen beautiful woman preparing a salad while the man eating an apple