スピリットガイド

初心者向け・オラクルカードの練習の仕方(1カードリーディング)

オラクルカードの練習の仕方(1カードリーディング)

 

こちらの記事では、初心者の方に向けたオラクルカードの練習の仕方を説明しています。

基本的な「1カードリーディング」のやり方になりますが、もちろん、解説書は見ません!

解説書に頼っていては、いつまで経っても「あなたに必要なメッセージ」を受け取る事ができないですからねー。

ですが、この記事の内容の通りの初心者向けオラクルカードの練習をしていただければ、解説書を見なくても読めるようにいなります!

 

また、1枚のカードで練習してリーディングの基本を身につける事で、複数のカードのリーディングができるようになります!

 

オラクルカードリーディングでは、最もポピュラーな3カードスプレッドがありますね。

また5、8カードスプレッドなどさらにカードを数多く並べるリーディングができるようになりますよ。

*スプレッド(Spread)とは並べ方の事です。

 

では、早速「ワンカードリーディング」のやり方を説明していきますね!

全ての初心者向けのオラクルカードの練習法になります。

ですが、その前に!

直感についてお話しさせてください。

 

直感を鍛える

 

解説書を見ないオラクルカードの練習では、あなたの直感を頼りに読んでいきます。

直感を頼りに…と聞いて「えっ!私直感って全然感じないんだけど…」と思われましたか?

もしかしたら、理数系出身の人たちや、普段から左脳思考寄りの方は、直感で物事を判断する事って少ないかもしれませんね。

直感は右脳とつながっていますからね〜。

 

普段から直感を意識していない人にとって、最初はカードを見ても何も見えてこない、感じない、という事があるかもしれません。

でも、心配しなくても大丈夫ですよ!

誰にでも、直感を感じとる能力はあるんです。

しかも、女性は男性よりも直感を感じ取る能力が強いんです!

ですから、あまり心配しないでね。

元々から授かっている能力なので、意識して使うようにしていけば、ちゃんと鍛えられていきます。

 

では、前置きがかなり長くなってしまったので、初心者向けオラクルカードの練習の仕方を見ていきましょう〜!

 

同じ内容の動画もありますので、もし動画の方がいい!という場合はこちらです〜。

ついでにチャンネル登録もよろしくね♡

 

カードを引く習慣

 

ワンカードリーディングをしっかり練習する事で、リーディングの基本が身につきますし、直感力も鍛えられます。

そして、初心者向けのオラクルカードの練習として、「毎朝一枚のカードを引く」という練習法があります。

朝じゃなきゃダメ!という訳ではないんですが…

やっぱり、朝起きた直後って一番あなたの直感が冴えている時間なんです。

その時間に一枚引く、という習慣を持つ事であなたにとって嬉しいベネフィットがあるんですよ!

 

朝起きてすぐに一枚のカードを引く理由

 

なぜ、起床後に一枚のカードを引くと良いのか?

それには、以下の理由が挙げられます。

 

ねっ!たくさんのメリットがありますよねー。

ですから、ぜひ明日の朝から実践してみてください。

今晩は、枕元やベッドサイドにあなたのお気に入りのオラクルカードデッキを置いて眠りましょう!

 

どんなカードを選ぶか?

 

オラクルカードには下記の通り大きく分けて2種類あります。

① カードに細かい解説文がついているタイプ

初心者向け・オラクルカードの練習の仕方

 

② 単語かシンプルなフレーズだけが書かれてあるタイプ

初心者向け・オラクルカードの練習の仕方

 

どちらでもいいのですが、お勧めは②の細かい説明が書かれてないタイプです。

なぜなら、こちらの方が練習になりますし、直感鍛えるのに適しているから。

 

解説が書いてあると、どうしても見ちゃうんですよね。

見て、「あっ、私が感じた事と違ってる…私の直感は正しくないんだ」

なーんて、自分のフィーリングや感性を「間違い」と判断しちゃう事が多いんです!

ですから、早く上達するためにも②のシンプルなフレーズだけのタイプで練習してみてくださいね!

 

どんな質問が良いか

 

まずは、カードをシャッフルします。

シャッフルしながら、知りたい事、聞きたい事をカードに伝えてください。

ワンカードリーディングでは、シンプルに以下のような質問が良いでしょう。

  • 今日1日をポジティブに過ごすためにはどうすればいいですか?
  • 私が今知っておくべき事は何ですか?
  • あなた(天使やスピリットガイド)が私に伝えたい事は何ですか?
  • 今日気をつけるべき事は何かありますか?
  • 運気上昇のために今日は何にフォーカスするといいですか?

 

あなたが、曖昧な聞き方をすると、出てくるカードもあなたの質問とは合ってない???なものが出てきます。

ですから、質問はダラダラ長いものではなく、短く簡潔なものにしましょう。

また、Yes、Noで答えられるような質問はしないでくださいね!

 

ワンカードリーディングのやり方

 

では、一枚を引いて読むワンカードリーディングについてです。

2段階ありますので、両方ともやってくださいね!

 

先にイラストだけを見る

 

まずは、カードを引いたら下に書かれている説明とフレーズのところは指で隠して、絵だけを見てください。

オラクルカードの練習の仕方(1カードリーディング)

イラストだけを見て以下のような事を意識してみてください。

  • そのカードのメインの色は?その色が人に与る心理作用は?色の意味は?
  • チャクラの色と同じ色がメインカラーになっているか?
  • あなたは最初に何を感じたか?
  • どんな言葉や感情が浮かんできたか?
  • カードのメインキャラクターの顔の表情や向きは?

 

そうしましたら、あなたがカードをパッと見て感じた事を一つの単語に当てはめてみてください。

例えば、上のカードだったら、「仲間」「喉チャクラ」「神秘」「光」などですね。

そして、この言葉をあなたのジャーナルに書いて、この言葉からあなたが感じる事、思う事などを自由にジャーナルに書いてみてください。

 

カードの言葉とフレーズを見る

 

次に、隠しておいたカードのフレーズを見てください。

オラクルカードの練習の仕方(1カードリーディング)

こちらのカードは、プレアディアス、プレアディアンスターシードですね。

今度は、このフレーズを読んで感じる事、思った事をまたジャーナルに書いていってください。

“Double Mission: Channeling and uplifting humanity”

プレアディアンについて思いつく事を書くのです。

スターシード、ブルーピープル、高いスピリチュアル能力、地球のアセンションなど、なんでも思いつく事を書いてください。

 

ディープなリーディング

 

2段階終えたところで、ジャーナルに書いた事をサッと、読んでみてください。

きっと、カードを見ただけでは、思いつかなかった事が溢れてきたのではないでしょうか?

この練習をする事で、初心者の方が解説書を読みながらのリーディングよりも、遥かに深い読み方ができるんです。

しかも、解説書には書かれていない、自分に向けたメッセージやアドバイスもキャッチできます。

それに、守護天使やスピリットガイドと繋がるだけでなく、自分の内側と向き合うこともできますね。

ジャーナリングは、深く自分と向き合える最高のツールですから!

 

オラクルカードの練習の仕方(1カードリーディング)

 

まとめ

 

以下、記事の重要ポイントを書いておきますね。

☆一枚のカードを引くオラクルカードの練習をする事で初心者でもリーディングの基礎が身に付く

☆毎日朝、一枚のカードを引く事で直感力が鍛えられる

☆カードリーディングの時は解説書を見ない

☆カードに細かい説明書きが書かれてあるタイプと単語や簡単なフレーズだけの二つの種類がある

☆説明書きがないタイプの方が直感を磨く練習になり深いリーディングができる

☆一枚のカードで2段階の読み方がある(①絵だけを見る ②言葉やフレーズも見る)

☆ジャーナルに感じた事、思いついた事を書いていく事で深いリーディングができる

 

 

5日間無料メールレッスン

 

占いに頼らなくても幸せも豊かさも手に入れる5つの魔法

 

無料メールレッスンでは、誰でも高次元からの声をキャッチできるようになっていくコツをお伝えしています。

あなたの側にいて、いつもあなたをサポートして、あなたの望んでいる人生が生きられるよう導いてくれるスピリットガイドや天使に心を開いていきましょう!

そうする事で、あなたは占いに頼らなくても幸せも豊さもどんどん手に入れる女性になっていきます!

 

5日間の無料メールレッスンはこんな方におすすめです。

スピリチュアルや目に見えない世界に興味がある
運気、恋愛運、金運、仕事運をアップさせたい
自分のスピリットガイドと繋がりたい
「聴こえる人」「視える人」になりたい
悩んだ時に自分で答えを出せる人になりたい
占いジプシーを卒業したい
波動を上げて何でも引き寄せられる人になりたい
直感やサイキック能力を強くしていきたい

 

こちらの画像クリックで登録ページに飛びます

無料メールレッスン;キーリー聡美

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA